Category Archives: 東洋医学

中国研修@大同

IMG_0499 IMG_0507 IMG_0515 IMG_0529 IMG_0531 IMG_0545

大同での研修は四日間、ほとんど籠もりきりでしたが、最後に思いがけず、
半日時間ができ、雲崗の石窟寺院に行ってきました。世界遺産にも登録されています。

まだ湖には厚い氷が張り、身を切るような寒さでしたが、寺院には、
遠い1500年前の時がそのまま息づいているような特別な空気が漂っていました。
天まで届きそうな大きな仏の前に立つと、圧倒されながらも、柔らかな慈しみのエネルギーが流れてくるようでした。

研修では、胡耀貞気功を主に学びましたが、これは、私がこれまで主に行ってきた導引(身体の動きや呼吸によって気を導く気功)とは少し異なり、内丹という、より体内の神秘に踏み込んでいく要素が強いものです。内丹の丹とは、気を養って体内に作り出す丹薬のこと。この丹薬によって、身体の強壮や、長寿が可能になり、道(タオ)という宇宙の根源につながることができる、という考えが、中国では昔から培われてきました。日本にもこれが伝わりましたが、内丹の気功は理解が難しく、なかなか広く実践されることはありませんでした。

しかし、丹学の世界で言われる、精・気・神の概念は、現代の中医学のベースともなっていますし、現代の脳科学などの発展によって、この丹学の神秘的な思想は、より確証をもって受け入れられていくのではないかと思います。
また、自分がこれまで習ってきたヒーリングなどで教えられたエネルギーの話は、この内丹の考えと驚くほど一致していて、実はこの東洋の考えがアメリカに伝わってそのヒーリングの基盤になったのではとさえ思いました。

たとえば、ほんの一例ですが、そのヒーリングやリーディングを教えて下さっていたアメリカ人のレバナ・シェルブドラという先生は、頭の中心に空洞があり、そこに光を灯して透視をするように、またそこに意識を置きながら、頭の頂点や足裏から天と地のエネルギーを引き込んで全身にエネルギーをぐるぐる回すように、ということを教えて下さいましたが、
この頭の中心というものは、内丹でいうところの上丹田、つまり祖竅という場所ではないかと私は思うのです。祖竅というのも、ちょうど頭の中心あたりに存在するツボ、つまりある種の穴であり、そこに光がともると霊的な眼が働くようになるといい、またそこに意識を引き込んでから、天の気と地の気を全身に回していく、これもとても似ています。(ただし内丹の場合は、意識的に回すのではなく、先天の気が自ら動くことで達成される。小周天・大周天。)

これらの体内の神秘的な動きのことが、量子力学や現代医学などで解明されつつあるのではないかと思います。第三の眼である松果体を含むと言われる泥丸についても、内丹の世界ではっきりと述べられています。

私はまだ修練が足らず、これらのことを十分に実践できていませんが、これから内丹やエネルギーワークをしながら、しっかり実感としてつかめるようになっていきたいと思います。

そして気の感覚をより深いレベルで理解することによって、導引や鍼灸の学びにも生かしていきたいと思っています。

今日は抽象的な話を長々と書いてしまいました。
明日は、旅の後半、北京での研修について書かせていただきます。

冬到来の京都

img_8731 img_8729 %e4%ba%8c%e6%97%a5%e6%9c%88dsc_0285

皆様 こんばんは。
すっかり冬本番になりましたね。

こちら京都の山奥は、寒さが日に日に厳しくなってきています。
わずかに残った紅葉にがんばれーと声をかけたくなります。

空気は冷たく張り詰めていますが、その分、夜空が綺麗です。
今日は二日目の細い月が、黄金の輝くラインを描いていました。

私は、今月来月と試験に追われる地味な毎日ですが、
その合間に、大学やいろんな勉強会で、東洋医学や鍼灸、気功のことなど学んでいます。

先日は、大学の鍼灸の先生のセミナーで、更年期障害と鍼灸治療の効果について学びました。

更年期の体調に悩まれる方、多いと思います。自分自身のことでとても恥ずかしいですが、私も以前悩んだことがあります。
すこしでもその症状を軽くするのに、漢方や鍼灸が助けになるようで、今回は、鍼灸でホットフラッシュが楽になった症例や、実際にホルモンの値が改善された例なども紹介されました。過大な期待はできませんが、いろいろな可能性があるようで、さらに学んでいきたいと思います。いつか必要な方に施術できるように、技術も学んで参ります。

その他勉強していること、おいおいご紹介させて頂きたいと思います。

鍼灸国際大会 京都の秋

%e4%bf%9d%e6%b4%a5%e5%b3%a1%e3%80%80img_84401112%e9%8a%80%e6%9d%8fimg_8493 1112%e7%b4%85%e8%91%89img_8458img_8444

ご無沙汰いたしました。

紅葉が美しく色づいてきましたね。
一ヶ月ぶりに時間ができて、
今日は久しぶりにお墓参りと少し散歩にいきました。
その時の景色です。

河は、保津峡。住んでいるところから京都市内に出る山陰線の窓から見える風景です。今日も保津峡下りの舟が見えました。

さて、お話変わりますが、先月は横浜で導引養生功(気功)の全国大会が行われ、3名の生徒さんが見事に表演をされました。会長の玉松先生も素晴らしい表演を披露され、また参加者全員を対象にミニレッスンも行われました。来年もまた秋10月末に行われる予定です。

そして私は、先週末、鍼灸の国際大会のためにつくばに行っていました。

著明な鍼灸師の方や、大学の先生方による、実技や研究発表をたくさん見ることができました。

鍼灸は、伝統鍼灸から現代鍼灸まで、ほんとうに幅広く、手技も大きく異なりますが、その様々な技が披露されました。

伝統的なものとしては、鍼の素材もステンレスではなく、金鍼、銀鍼を使い、
なんと服装も着物にたすき掛けで実技される先生もいらっしゃいました。
(そういう形だけが伝統的、なわけではないですが、象徴的で面白かったです。
実際、現在衛生的で安価で使いやすいステンレスが、主流になっている、というかほとんどステンレスしか使われなくなってきましたが、気を補うには金や銀の鍼でないとできないという伝統的な考え方があり、私もそれはとても大切なことではないかと思っています。)

対して、西洋医学的なアプローチとしては、トリガーポイントに働きかけて筋肉の痛みをとる実技をされた先生や、ある神経の働きを深く研究し、治療中に術者がおこなう優しい接触の感覚が、患者に心地良さと癒やしを与える仕組みを発表された先生もいらっしゃいました。(私の通っている大学の先生がたです。)

また鍼灸と、レイキを組み合わせて、スピリチュアルなレベルの取り組みもされている先生もいらっしゃいました。

語るとつきないのですが、一番印象に残ったのは、日本の伝統的なお灸の手法を使って、今アフリカの結核患者を数多く救っている、モクサアフリカという英国の団体の報告でした。アフリカでは、現在多くの結核患者の方が病と闘っていますが、病院もほとんどなく、治療薬も行き渡らない状況で、命を落とす方も少なくありません。その現地で、非常に安価で自分でできるお灸を普及し、患者の免疫を強めることによって病気を治す試みが行われ、たくさんの方が回復されているそうです。

日本で引き続き講演も行われているようです。
https://www.facebook.com/MoxafricaJapan/

それではまた。。

満月の夜

満月20150720 DSC_6233

またご無沙汰いたしました。

京都は猛暑の中、祇園祭も行われました。
そのような雅を味わうこともなく過ごしていましたが、
昨夜は帰り道、図らずも美しい満月が山際から昇る様子を拝むことができました。

写真にはうまく撮れませんでしたが、
月に薄い雲がかかり、月の光を浴びた雲が羽衣のように漂い、
とても幻想的でした。まさに真夏の夜の夢、でした。

先週、学校で小児鍼を使いました。
子供でも使える、刺さない針のことです。

いろいろな形があって、鍼のようなもの、
へらのようなもの、ローラーのようなものなどあり、
実際に使ってみると、いろんな感覚を得ることができます。

もちろん大人にも使えるのですが、
(実際この刺さない針で、すごく効果の出た治療を拝見したことがあります)
いつか小さなお子様に使う日が楽しみです。

学校では、このほか、東洋医学や経絡経穴学はもちろん、
解剖学、組織学、病理学、衛生学、、など
医療の基礎について学ぶほか、
運動機能学、スポーツ医学などで、
運動の有効性や、よりよい運動のありかたなどについても学んでいます。

夏休み前の期末試験でひとまず締めくくりとなります。
科目もどんと増えて、ハードになってきましたが、あと一踏ん張りがんばります。

8月下旬に鎌倉に戻る予定にしております。
短い滞在になってしまいそうなので、レッスンができるか
もうしわけありません、まだ不明です。
また分かり次第お知らせさせて頂きます。

まだ蒸し暑い日が続きます。
私は酷い夏風邪をひいてしまいました。
皆様どうぞご自愛なさって、夏を乗り切って下さい。

 

小児鍼

山寺の勉強会

ずいぶんと寒くなってきましたね。
今日は目覚めると外は3度という寒さでしたが、近くの山寺に勉強会に行って参りました。

以前より著書を愛読させて頂いていた、鍼灸の経絡治療の重鎮、池田政一先生が、
ここ京都の山里まで、四国から来て教えて下さったのでした。

いつか先生に教えを請いに四国まで行こうか、とさえ思っていた私にとって、
まさに夢のような機会でした。

鍼灸の理論や実技はもちろん、気や霊的なお話など、
本当に深い話をたくさん聞くことができ、
心の深い部分が頷き、満たされていった一日でした。

私がこれまでさせて頂いていた気功やセラピーの中で
体験してきたこと、感じてきたことに対しても、
答えが与えられた気がしました。

先生について、また今日の勉強の内容などについては、
またいつか詳しくご紹介させて頂きたいと思います。

写真を撮ることをお許しいただきましたので、
今日は、貴重な先生の実技のご様子も含め、掲載させていただきます。
IMG_3165 IMG_3160IMG_3164IMG_3162

風雅さんと気功と漢方のクラス

Cafe風雅、月1回のレッスンがすぐ満席になってしまいます。気功レッスンも楽しんで頂いているかと思いますが(笑)、それ以上に、レッスン後のハーブティータイムや、皆さまのなごみ時間が人気の秘密かも? 風雅さんのオーナー、Yorikoさんが、毎回季節に合わせたオリジナルのブレンドハーブティーを入れてくださいます。その解説をしてくださっている写真です。みなさま熱心にお話をきいていらっしゃいますね。。Cafe風雅の通常営業は木曜から日曜です。鎌倉扇ヶ谷で駅から徒歩8分。お菓子もとても美味しいです。ぜひお立ち寄りくださいませ☆

風雅IMG_2040

そして、いつも豊かな自然で迎えてくれる北鎌倉たからの庭。

今週は気功と漢方養生 第3回、気功と経絡&ツボ 応用編でした。

今回は座学と気功に加えて、経絡とツボをアロマでトリートメントするワークショップ形式。
体調を五臓の分類でチェックし、それに合わせて精油を選び、そのアロマオイルを手脚に塗布してから、経絡とツボを刺激していきます。ときどき痛いツボにあたって顔をしかめながら、でも皆さん、楽しみながら実践してくださいました。

レッスン後は、生徒さんの一人に頂いた徳島のすだちをつかった寒天を召し上がって頂きました。自分でいうのも変ですが、とっても美味しくて大好評!

早くも庭には金木犀の花が咲き始めて、甘い香りが漂っていました。
お茶の木の白い花や、玉紫陽花、秋海棠も咲いていて、秋の風情を満喫できました。

この第3回のレッスンは、11/1土、由比ヶ浜シーソーでも開催予定です☆
IMG_2070IMG_2058 IMG_2062IMG_2095 IMG_2093 DSC_1983 DSC_1988 DSC_1987

漢方スタイリストの資格取得しました

漢方スタイリストIMG_8317

数ヶ月の通学と、試験を終えて、漢方スタイリストの資格を頂きました。(日本漢方養生学協会認定)

中医学の基本概念に加え、気血水弁証、臓腑弁証など、体調を見分ける方法を学び、さらに、各々の症状に適する漢方薬について学びました。もちろん、医者や薬剤師ではないので、医療的な診断はできませんし、漢方の詳しいことはまだまだ未習ですが、漢方の基礎が体系的に学べて、頭も整理できたので良かったです。
それより一番良かったのは、今回、何人もの方を対象として、その方の体調を分析&漢方処方を考えるというケーススタディを幾つもさせて頂けたことです。実際の人間は、本当に複雑で、テキスト通りのことはまず無いので、試行錯誤の連続でしたが、その過程がとても勉強になったと思います。先日実家の漢方薬局に立ち寄ったときも、店にずらりとおいてある漢方薬の大半が、ざっとでも習っていて、身近に感じられたので、ちょっと嬉しかったです♪

 

これまでも、気功と漢方のクラスなどで、中医学のお話をさせて頂いてきましたが、今回学んだことを もっと気功レッスンや、アロマのお仕事、そしてもちろん自分のセルフケアにも応用して行きたいと思っています。

次回、気功と漢方のクラス@たからの庭は、9/27金。満席ですが、午後のクラスは、雨降らなければまだ参加頂けます。そして追加開催しますので、ご希望日時ある方は、お早めにご連絡ください。詳しくは、気功のページご覧ください。

 

蓮の恵みと漢方

きびしい暑さが続いていますが、その中でも、凛とした姿で蓮の花が咲いています。この写真は、鎌倉の大巧寺、おんめさまという名でしられるお寺の蓮です。今朝満開でした。

この蓮は、美しさだけで無く、人の体への多様な作用が知られています。その根はご存じレンコンとして食されますが、その他にも実、子葉、葉、花の蕾などが漢方の生薬として用いられます。レンコンも、咳止めとして民間薬で用いられることがありますよね。

自然の植物は、本当に思いもかけない形で、たくさん私達に恵みを与えてくれるのですね。

漢方(中医学)のことも少しずつ勉強していますが、次々と面白い発見があります。引き続き、徐々にレッスンの中でお伝えして参りますね。 8/3(土)は気功と漢方クラス②の追加開催も行います☆ (詳しくは気功のページへ) でもその前に、明日は漢方の試験!!がんばります☆
蓮_DSC7212