月別アーカイブ: 2020年6月

日蝕

 

皆様こんばんは。

今日は夏至の日蝕でしたね。
雲の合間に、僅かに見えました。

日本でも久しぶりだったそうですね。

20年ほど前に、フランスを一人旅したとき、偶然
皆既日食に遭遇しました。

何が起こるかわかっていなかったのですが、
エミール・ガレの美術館に着いたとたん、

昼間なのに空がだんだん暮れていき、
鳥が鳴きながら飛んでいき、、
やがて星も瞬き初めて、そのうち真っ暗に。

太陽の周りに僅かに光が漏れて、
美しい輪が輝いていました。

周りには、オーララーと叫ぶフランス人がたくさん。

やがて空がうっすらと青色になり、ピンクになり、、
鳥が再び鳴き始めて、、
昼の明るさが戻りました。

あまりに幻想的な特別な時間でした。

と、思い出話で今日は失礼いたしました。

やっと県をまたいで移動もできるようになり、
すこしずつ日常が戻ってきましたね。

良い方向に動いていきますように。。

大山祇神社

 

 

五月の終わり。久しぶりにバスに乗って出かけてきました。

瀬戸内海を見渡す来島大橋をバスで渡って、
四国の大三島へ。そこに大山社神社があります。

四国屈指のパワースポットとも。

そこにある大楠が二枚目の写真。
白い花が満開を迎え、清涼な香りを漂わせていました。

このような状況で、宝物殿は閉館していましたが、
久しぶりにこのような清らかな場所に来られたことに感謝でした。

その後、四国は梅雨入りしましたが、
連日、皮膚が痛いような日差しが照りつけています。
さすが南国、という感じです。

夏が終わるころには、世の中が落ち着いていますようにと願います。