カテゴリー別アーカイブ: 旅、季節の写真

養生と鍼灸勉強会

IMG_4033    IMG_4024 IMG_4028 IMG_4164

IMG_4057 IMG_4068 IMG_4069

皆様こんばんは。

こちら京都の山里はかなり寒くなりまして、
明日の未明はなんと1℃になるそうです。
暖かな鎌倉が懐かしいです。

でも寒暖の差が激しいためか、紅葉が美しいです。

先週末は、ここからさらに1時間くらい山深く入った美山というところに行ってきました。
美山は、かやぶきの里として近年有名になってきて、海外からも観光客が訪れるようになりましたが、ほんとうに静かな日本の原風景のようなところです。

そこで、週末鍼灸の治療をされている大学の先生が、地元の人を集めて
養生の勉強会をするということで、それに参加しにいったのです。
が、1時間バスに揺られ、やっとついた、と思ったら、
そこから歩けないくらいまだ離れたところに会場があることがわかり、
途方にくれて、とぼとぼ歩いて、さらに道を間違って泣きそうに?なっていたら、
通りすがりの地元の女性の方が、軽トラで遠い会場まで送ってくださいました!
なんてお優しい方。お名前も伺えずお礼もできませんが、
本当にこの辺りに住む人たちの優しさが改めて身にしみました。。

先生の養生の会では、参加者の皆様とみんなでツボ押しをしたり、
養生について、様々な角度からお話をうかがうことができました。
その伊藤先生という方は、現代鍼灸というか、西洋医学的に鍼灸のしくみを解き明かしたり、
臨床研究で多くの実績をあげている先生ですが、
そんな先生が、ご自身の病を経て、養生というものに改めて注目し、
それをこの山里に地元に密着した形で広めていきたいと思うようになられたそうです。

私も自分のテーマは広い意味で養生かなと思っていますが、まだまだ手探りです。

翌日には、東京からこられたハーブ研究家の林真一郎先生と、本学の統合医療センターの今西先生とお目にかかり、漢方、鍼灸、統合医学について、いろいろなお話を伺うことができました。
お二人の先生ともユーモアを交えながら、非常に洞察の深いお話を次々してくださり、
自分にのこれからにとってヒントになることが様々ありました。

さらに翌日は、経絡治療の重鎮でもあり、古典研究の第一人者の池田政一先生の鍼灸勉強会に参加しました。一年ぶり、三回目です。
池田先生のご本を、何年か前に、母の遺した多くの本の中に見つけ、
感銘を受けてから、真剣にこの大学に入学することを考えるようになりました。

その池田先生のお話は、長年の豊富な実体験に基づきながら、
いつも深く、どこか霊的で、感覚的。
すべての感覚を使って、患者を診て、触って、治療をされているんだな、、と
いつも思います。
そして古典には、そういうことをやってきた偉大な先人の智恵がちりばめられているんだな。。
と改めて思いました。
(そう思いながら、読み解く作業が、遅遅として進みません。)

まだまだ沢山感じたこと、学んだことありますが、
今日はこの辺りで。

秋深まって

IMG_3664 IMG_3689IMG_3752IMG_3718 IMG_3697

皆様こんばんは。
急に寒くなってきましたね。

こちらはもう紅葉が始まり、学校から見える山が霧ともみじの赤で美しいです。
金曜の夕方には、雲間から光が射して、美しい虹がでました。

次の日は、わたくしの何十?回目かの(苦笑)誕生日で、
30歳くらい若い同級生の人たちに混じって、学校祭の手伝いをしました。

帰りにいつものお参りに京都のお寺に行きましたら、
金木犀の巨木があり、まだ沢山の花が甘い強い香りを漂わせていました。

自然は静かに秋を迎えていますが、
人間社会の方は、かなり騒がしい、かなしい状態になっていますね。
米国ではまたも銃乱射の問題。
武器を持って身を守る、としながら、いつも銃の恐怖と悲劇から離れられない。

核を持って国を守るといいながら、いつも核の恐怖に怯えている世界の状況も
全く同じ原理のように思えます。

ICANがノーベル平和賞を受賞しました。
世界全体が、勇気を持って、本当の平和へと舵を切ることを強く望みますし、
自分も微力でも行動しないとと思います。

日本の政治もかなりの荒れ模様ですが、
言葉に踊らされることなく、
本質を見抜いて、自分の心が真に望む社会になることを
諦めずに望み、また自分も行動していこうと
わずかな一歩を踏み出しました。

人生も後半に入りました。
悔いの無いよう、強く生きていきたいと思います。

秋の香り

IMG_3534 (1) IMG_3517 IMG_3540

皆様こんばんは。
すっかり秋めいて参りましたね。
皆様のところでも秋の花が咲いていらっしゃるでしょうか。

こちらでも9月の下旬から甘い金木犀の香りが漂い始めました。
近くの田んぼは黄金色の稲穂と、彼岸花のコントラストが綺麗です。

イネが実ると、香ばしい稲穂の香りもしてきます。
そして稲刈りが行われると、イネを刈った、土っぽいような青臭いような、
懐かしい香りがしてきます。

すぐ近くに田んぼがあって、どこにも行かないでも、そんな秋の風情を味わえます。
日々の生活はちょっと不便なんですけれど。。笑

今日は秋晴れのいいお天気で、久しぶりにゆっくり家で過ごしました。
夜になると、ドンドン!!という音がしてきて、
慌ててベランダにでると、目の前の山の上に、大きな花火が上がっていました。

ちょっとぶれてますが、ニコニコマークの花火です。(^^)
それではまた。。

DSC_0235

重陽の節句

IMG_3387 (1)

IMG_3402 (1) IMG_3414 (1) IMG_3418 (1)IMG_3417 (1)

DSC_0226 (1)

皆様こんばんは。

昨日9月9日は重陽の節句。秋の美しい青空が広がりました。

重陽と言えば菊の花。京都のお参りに行き、白と黄色の菊をお供えしてきました。

その後、東京からのお客様を迎え、黄金色の稲穂を車窓より眺めながら、
ご希望の神社へ向かいました。
そこは京都府の亀岡の山裾にある、出雲大神宮という神社。
私も初めて訪れました。

立派な名前に負けず、とても神聖な力が宿っている場所のように感じました。
きっと写真からもその気のようなものが伝わってくるかと思います。

一番のパワースポット(言葉が俗っぽいですが)とも言われている磐座(いわくら)は、
写真をここでは載せませんけれど、圧倒されるような力を感じました。

神道は、磐を神に見立てる、磐に神を感じる磐座信仰から始まったという話を聞いたことがありますが、その由来がうなずけるような気がします。

そしてご神体が奥の山なのですが、そこも穏やかながらとても力強い何かがあるようでした。

山の麓に小さな滝があるのですが、その水の冷たく清らかで美味しかったこと!
科学的に調べても、そこの水は特に水質がよく、数少ない健康に良い水であることが認められているのがとか。
水の流れる音と森の音、木々の匂いと清水のしずく。。。
しばらく立ち去れませんでした。

夜、ふと東の方をみると、不思議な橙色の光を放つ月が昇ってきていました。

秋の節句とはいえ、昨日はかなり自然の力をはっきりと感じる一日でした。

鎌倉で気功

IMG_3330IMG_3324IMG_333821273024_1416000941811291_8017664386133494580_o

IMG_3302IMG_3304

おはようございます。今日は重陽の節句。9と9 陽の数字が重なる日です。
これから菊の花を手向けに、京都のお墓参りに行って参ります。

さて、先日の鎌倉での気功その他のレッスンのお話をさせていただきます。

写真の一番最初は、季節外れの紫陽花?ではなく、玉紫陽花です。
鎌倉の野山によく咲いている花で、このお花に会うと、鎌倉に戻ってきたな〜という感じがします。清楚で可愛らしいですね。

次の花は、ちょっとわかりにくいですが、萩の花。秋の訪れを伝えてくれますね。
三番目の白い小さなお花が集まったのは、臭木だそうです。
最初、とても甘いジャスミンのような香りに気づき、でも葉っぱも違うしなんだろうー
と詳しい方にきいてみましたら、臭木とのことでびっくり。
臭いどころかとってもいい香り、と言ったら、葉っぱが独特の香りするんですとのこと。
葉っぱもかいでみたかったです。
臭木は、よく草木初めに使い、青い実で、綺麗な空色に染まります。
花がこんなに可愛くていい香りだとはしりませんでした。

あ、気功のお話です。
こんな素敵な秋の草花を眺めながら、すっかり道草しつつ源氏山を登っていって、
海の見える小さな空き地にたどり着き、集まってくださった皆さんと気功をしました。

(海の映った美しい写真は参加してくださったKayokoさんの撮影です♪)

お天気は、うっすら雲がかかり、海はすっきりとは見えませんでしたが、
湿り気を帯びた秋の山の空気がまた心地よく、
たくさん深呼吸して、気をたっぷりチャージしました。

今回は、いつもの気を採り入れる気功や、八段錦、
心をすっきり浄化する蓮の花の気功をしました。

源氏山の気功はそんな感じでしたが、
今回は個人レッスンのお申し込みも多数戴きまして。

別の日には、辻堂の素敵なサロンにお招き頂き、
森の中のお部屋で、ゆっくりと呼吸法を中心にレッスンさせていただきました。
ご自身がセラピストでいらっしゃる方で、
呼吸法のことはもちろん、気のお話、ヒーリングのお話など、
たくさんのことをシェアさせていただきました。

また、別の日は、稲村ヶ崎のジオジオファクトリーでも、レッスンさせていただきました。
お二人の方とゆっくり対話しながら、レッスンを進めていきました。
ジオジオの柔らかな空間の中で、とてもいい時間を過ごさせて頂きました。
その日は、台風が来て稲村ヶ崎の海は波が高く、たくさんのサーファーの方が訪れていました。

またアロマトリートメントの個人レッスンもさせていただきました。
基本的なトリートメントの手技に、東洋医学的な手技(ツボや経絡を使う)を
加えたものをお伝えしました。
その方もご自身がリフレをされている方で、お仕事のことなど伺い、
私も元気をいただきました。

まだまだお伝えしたいと思うことありましたが、
今日はこの辺りで。

皆様も素敵な秋の週末をお過ごしくださいませ。

宇宙と生物の神秘

IMG_3175

 

ハート好塩基球

大それたタイトルになってしまいましたが、

上の写真は先日の米国の皆既日食の写真。
徹夜でレポートと格闘していて、ふとCNN見たらちょうど生中継をしていました。
日蝕の始まる瞬間から、暗闇が徐々に空けてきて美しい”夜明け”に変わるまでを、
私も心躍る思いで眺めました。

米国中の人たちが、興奮してこの宇宙の神秘を一緒に眺めている様子は、
感動的でした。まさに分裂に悩む米国が再びUniteしたような歴史的な瞬間でした。

私は昔、フランスを西から東に電車に乗って横断したとき、偶然なのですが、
ちょうど皆既日食のルートに沿って移動したことがありました。
移動中もまだそのことに気づかず、
憧れのナンシー派美術館に着いたとたん、辺りが暗くなり始め、
皆既日食が始まったのでした。

オレンジの夕焼けのような空が、次第に碧に変わり、星がまたたき始め、
やがて、ほとんど夜のような闇が訪れ、その中に、神々しい光の輪をまとった黒い太陽が現れました。

オーララー〜!と騒いでいたフランス人たちも、その美しく神秘的な姿に、しばし言葉を失っていました。

やがて、地平線が少しずつ紅くそまり始め、赤からブルーのグラデーションが、やがてオレンジに変わり、ダイヤモンドリングを経て、太陽が再び光を取り戻し、鳥の鳴き声と共に”夜明け”が訪れました。

まさに宇宙の神秘としかいいようのない風景でした。

日本でもあと二十年近くたったら、皆既日食を見られる機会が訪れるそうですね。
またあの感動を体験できるでしょうか。。

下の写真は、昨日、学校の実習で顕微鏡の向こうにいた、ハートの好塩基球♡です。
好塩基球(という白血球の一種)は、数が少なく、見つけにくいのですが、
実習の最後にやっと遭遇。それもこんな可愛い♡でした。

宇宙の神秘は壮大ですが、微生物の世界もまた神秘的で感動に充ちています。
私はまだまだその入り口しか知りませんが、これからもっと、生物の奥深い世界を学んでいきたいと思っています。

今日も雑談になってしまいました。それではまた。

ようやくお盆休み。

IMG_2917IMG_2928IMG_2922 IMG_2937

皆さま、ご無沙汰いたしました。
学校の前期がようやく終わり、短いお休みです。

お盆なので、母方の里に行って参りました。
昔、母が通った学校や、私が小さい頃遊んだ河、お宮さんなどがあります。
いつも来る度、心の故郷だなと感じます。

今日は、自家製の椎茸を甘辛く煮たのが入ったちらし寿司と、自家製のお豆の炊いたのと、山?でとれた柔らかーいミョウガの入ったお吸い物と、畑でとれた賀茂なすの田楽?と、自家製の梅ジュースと、、  採れたてお野菜の恵み一杯のご飯を戴き、お腹もこの上なく幸せで満たされました。

この地域は、京都の山深い盆地の気候で、夏は暑く、冬は雪深く、特に農家の方たちはなかなか大変ですが、この気候だからこその美味しいお野菜、お米、霧のかかる美しい景色があります。

いつまでもこの故郷が守られていくことを願っています。。

八月末から9月始めまで少しだけ鎌倉に帰ります。
わずかですが、気功レッスンいたしますので、よろしければ、気功ページをご参照くださいませ。

 

森の京都、海の京都。

IMG_2654

前回、雨の降らない梅雨、と題していたのが信じられないような、凄い雨が今日は降っていました。叩きつけるような振り方で、一時期、電波も届かなくなりました。京都の山奥ですが、ついこないだまでは猛暑、そして今度はこの豪雨。なかなか厳しい天気です。
でもこの厳しさのおかげで、他では見られないような力強い自然が見られたり、美味しい京野菜が食べられたり、良いこともいろいろです。
この地域は、その豊かな自然のために、昨年、京都丹波高原国定公園にも指定されたそうです。森の京都としてのPRも始まりました。

そして、もう少し北の京丹後もまた自然の美しいところです。こちらは、海の京都。日本海を臨み、天の橋立や伊根町の趣のある景色も有名です。
私も大好きなところで、天の橋立や、元伊勢神社、真名井神社などにも度々訪れています。

その京丹後に、先日、歌舞伎の坂東玉三郎さんがいらっしゃり、美しい舞を披露されました。踊る前の口上では、20分ほどお話をされ、京丹後の美しい自然、そこで守り継がれている絹織物のことなどについて熱く語って下さいました。

そして、その玉三郎さんが京丹後にこられるきっかけとなったのは、ある老舗のお店の創業者の方の熱心なお誘いだったことも語られましたが、偶然にも、その女性が、京丹後に安野光雅氏の美術館を作られたニュースを見たばかりでしたので、驚きました。京丹後の自然の中から美味しい和菓子などを作り出し、そこで得たお金で、京丹後に素晴らしい文化を残こす、、 思ってもなかなかできないことかと思いますが、本当に実現されているのが凄いと思いました。京都の自然と文化を愛してやまない気持ちが、その方を突き動かしているのでしょう。

私も京都を愛する一人として、ささやかでもいつか何かを残せたらと思います。
(もちろん鎌倉へのLOVEもたくさん心にあります♪)

 

 

雨の降らない梅雨

今年は、梅雨に入っても、青空と強い日差しが続いていますね。
ここ京都もまるで夏のようなお天気です。

そんな中、清水寺近くの霊源院というお寺に先週いって参りました。
紫陽花のように見えますが、これは甘茶(あまちゃ)のお花。
額紫陽花の変種だそうです。

この甘茶は、葉を乾燥させて煮出すと、甘みのあるお茶になります。
そのためにこの名前がつきました。抗アレルギー作用などもあるらしく、
健康茶として有名です。
でも飲んだのは今回が初めてでした。

少々苦みもありますが、一緒に出された塩芳軒さんの生姜のお菓子と一緒に戴くと、とても美味しくいただけました。

そういえば、お釈迦様のお誕生日を祝う花祭りでもこの甘茶が用いられますよね。こんなお味だったんですね。

先週ちょうど見頃だったためか、普段は静かなお寺が、凄い人混みになっていましたが、久しぶりに京都らしい風情をひととき味わうことができました。

今週くらいから、そろそろ京都の各地で紫陽花の花が見頃になっているようです。そう想いながら、今年は忙しくて、、しばらくお預けになりそうです。

ではまた。。

IMG_2570IMG_2571 IMG_2574

初夏の京都と鎌倉

ご無沙汰しました。
あっという間に、夏のような毎日ですね。
ここ京都でも、連日32度、31度と干上がりそうで、
今日は、河の中で鹿が水浴びをしていました。

少し前のことをざっと振り返って書いてみたいと思います。

5月初めに、京都の神社とお寺を巡りました。
気功文化研究所の主催です。

下の一番初めの写真は玄武神社。玄武とはご存じの方も多いかと思いますが、
中国の四神の1つ。脚の長い亀に蛇が巻き付いた姿で描かれることが多いそうで、
この玄武神社にも亀の姿の像が祭られていました。
北を守る神とされており、確かに京都の碁盤の目の北の入り口を守る場所にこの神社があります。

また近くには大徳寺があり、その広い境内を散策して、黄梅院、瑞峰院、大仙院などに参りました。

新緑の中に、色とりどりの牡丹が咲き乱れる黄梅院は特に美しく、時を忘れてしまうようでした。副住職様が立ち止まってお話をしてくださいました。

最後に、今宮神社にも参りました。こちらはさほど有名ではないかもしれませんが、今パワースポットとしても注目を集めているとか。
実際にその場に身を置いてみると、新緑の清々しさのせいかもしれませんが、とても浄化されたような気持ちになりました。近江の日吉神社の神様ほか、多くの神様が祭られているので、そのお力なのかもしれません。またここは、周りより若干高い土地になっていて、それもここの気が周りと違う要因かもしれません。
先日ブラタモリで、碁盤の目の京都市内が普段生活する”この世”で、そこから一段高くなった清水寺は、”あの世”の入り口になっている、、というような話をしていましたが、今宮神社は、碁盤の目の北側で同じような役割を果たしているのかもしれないと思いました。(勝手な妄想ですが。。)

今宮神社を出たところに、あぶり餅やさんがあります。初めて食べてその美味しさにも大満足。この近くにいらした方は、ぜひお立寄りになってみてください。

 

IMG_1659IMG_1671 IMG_1706  IMG_1712

その後、連休に用事があって、ほんの短期間でしたが、鎌倉に参りました。

IMG_1936
気功の練習会も一日だけあって、由比ヶ浜のくるくるさんで、
初夏の草花に囲まれながら、皆様と気持ちよくレッスンをしました。

IMG_1931
そしてなんと早くも夏の風物詩、赤潮と夜光虫に遭遇しました。
去年も見ましたが、今回のは特別すごかったです。
真っ暗な夜の海に、青い龍たちが次々現れて走り回っているようでした。

その後トンボ帰りで京都にもどり、また忙しい日々でしたが、
半日だけ時間が空き、その日がちょうど葵祭りでしたので、
思い切っていって参りました。
ほんとに短い時間でしたが、古都の雅に触れることができました。

IMG_2096 IMG_2098 IMG_2103 IMG_2117